fc2ブログ

日本ケチャップ党

だらだらとチラシの裏・・・

[広告] VPS


今日もママチャリこいで花火見物に出かけましたよ。ウチからすぐ近くです。春日市の大きな公園のど真ん中で打ち上げられます。あんまり近づくと樹木が邪魔で見にくいので適度に離れて観たほうがベターです。
観客もノリが良く、拍手や歓声があがってました。
福岡空港が近いので、見る角度によっては飛行機と花火がぶつかってしまい(もちろん目の錯覚ですけど)小さい子供たちがキャーキャー騒いでました。

ところで、今回は初の動画投稿です。写真も撮ったんですが安いコンパクトデジカメじゃ花火の撮影はぜんぜん無理。で動画を撮影することにしました。2GBメモリで20分ほど撮影できます。
ところが動画の投稿のしかたがわからない。カメラから落としたファイルそのままじゃFC2動画が受け付けてくれないんですよ。しかもカメラを縦にして撮影したので(花火って上下の動きですもん)90度回転させる方法もわからない。
いくつかソフトを使ってみたけど画質がものすごく汚かったりして使えない。いろいろ調べたら、ほとんどのソフトが「mencoder.exe」というのを使ってるだけ、らしいので自分で直接mencoder.exeを操ることにしました。
で、やっと投稿できました。撮影したのは8月8日ですけど、パソコンが壊れたり何やらかんやらあって、この記事を書いてるのは12月です。

エンコードのしかた、忘れないようにここにメモって置くことにします。
@TITLE エンコード中
@SET MENCODER="..\mencoder.exe"
SET OVC=-ovc x264 -x264encopts bitrate=1200
SET OAC=-oac mp3lame
SET VF=-vf rotate=1
%MENCODER% %VF% %OVC% %OAC% DSCN2587.AVI -o DSCN2587[h264].mpg
@TITLE エンコード終了
@PAUSE

まだ音声に妙なノイズが入ります。研究の余地アリです。
スポンサーサイト



テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
きょうは小郡市の花火大会にいってきました。例によってママチャリこいで。途中で雨が降り出したので雨宿りしましたけど、普通なら1時間くらいで着く距離です。ちょっと心配しましたけど夕方には雨が止んで無事花火大会が開催されました。

DSCN2535.jpg
で、会場に着いたら、いきなりコレ↑
ここのは陸上競技場みたいなところがメイン会場で、露店商やなんかがいっぱい出てます。その競技場の横の川をはさんだ向こう側で花火が打ち上げられるのですけど、田んぼのあぜ道をまっすぐまっすぐ歩いて、やっと会場に着くと、いきなりバリケードで目隠しされてるんです。
このバリケードの向こう側は橋があって普段は川を渡れるようになってるらしいんですが、花火の日は通行止めです。安全のために。
いや、安全のため、わ解りますけどぉ、バリケードで目隠しは無いんじゃないの?正面からの観覧禁止。横から見ろ!ってか?ちょっとやりすぎ!
しかも、花火が終わると電源を落として会場が真っ暗。露店商さんも強制的に電源を落とされてしまうんです。なんと強引な・・・

DSCN2526.jpg DSCN2488.jpg
なんだかんだ愚痴ってしまいましたが、8千発の花火はやはり見ごたえがあります。人もいっぱいです。
川の土手はそれほど広くはないですけど、なんとか座れる場所を確保して、無事、楽しみました。
それにしても安物カメラで花火の写真は難しい。ブレまくりです。
テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
DSCN2396.jpg DSCN2403.jpg DSCN2404.jpg
きょうもママチャリで花火見物にでかけました。久留米市の筑後川花火大会です。
子供のころ久留米市で育ったので筑後川花火大会は毎年みてました。自宅から歩いて1時間くらいの距離かな。
年々、見物客が増えていき、水天宮から川の土手へ降りる階段など危険な場所もあって、とうとう会場が水天宮と篠山城(久留米城)の2箇所に分けられてしまいました。
1万8千発の花火は西日本最大級を誇るということですけど、実際には9千発しか観られません。場所によっては2会場とも同時に見えるとこもあるのですが、けっこう離れてるので小さくしか見えません。
ここの花火大会はスポサーのアナウンス⇒花火⇒スポサーのアナウンス⇒花火・・・と繰り返されるのですが、花火が半分に減った分、アナウンスの時間が少し長くなってしまいテンポが悪いです。まぁ、スポンサーあっての花火なのでアナウンスをやめろ、とは言えませんが。
観客が2会場に分散したおかげで、花火がはじまってからでも座れる場所はなんとか確保できます。一時期は土手に下りることさえ不可能なほど人でごったがえしてました。

DSCN2425.jpg DSCN2429.jpg DSCN2439.jpg
おみくじは大吉です。ラッキー!
露天商も2会場に分かれたのでにぎやかさが半減してしまいました。いぜんは歩くのも困難なほど人だらけだった参道も、いまはこんなふうにガラガラです。会場を2分割したせいでしょう。なんか寂しい。

DSCN2449.jpg DSCN2451.jpg
JR久留米駅が大改装してました。九州新幹線の開業は来年だっけ?駅前には高層ビルが。
さわ荘会館ってどこ行った?
テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
DSCN2244.jpg DSCN2246.jpg DSCN2247.jpg
福岡県春日市の自衛隊の駐屯地のおまつりです。一般の民間人にも開放されているので誰でも自由に見物できます。このすぐ近くに航空自衛隊もあって、そっちでも別の日にお祭りがおこなわれるんですが、ことしは悪天候のため中止でした。ほかにもこの時期には全国各地の自衛隊でお祭りがあるみたいです。

広場の中央にやぐらを組んでバンド演奏などがおこなわれます。自衛隊の迷彩模様のクレーン車はナイアガラ花火を吊るのに使われてます。

自衛隊関係者はテントで椅子に座って、一般の民間人は地べたに直接腰をおろして、めいめい楽しんでいます。
まぁ早い話が、税金を使って自衛隊職員が宴会を楽しんでるワケです。が、それじゃぁ示しがつかないので民間人も入れて”市民とのふれあい”という大義名分を掲げてるワケですね。

DSCN2256.jpg DSCN2262.jpg
ご近所の商店から出張してきたとおぼしきワタアメ、ヤキソバ、タコヤキなどの露天商やら、自衛隊員の出してるヤキソバなどの模擬店やらあって、手作りっぽいお祭りです。

で、おもしろいものを発見しました。おばけやしきです。自衛隊の迷彩模様のテントが使われてます。葉っぱのついた網がかぶせてあって興味をそそりますが・・・子供むけっぽかったので大人の私は入るのを遠慮しました。だから中がどうなっているかはわかりません。さらにその横には迷彩模様の全身タイツ?を着た変な人が。この衣装も自衛隊の装備のひとつでしょうか。いったい何に使うんでしょうか。子供たちが近寄ってきて、突付いたり叩いたりして大喜びしてました。

DSCN2325.jpg DSCN2366.jpg DSCN2367.jpg
本日は踊るのが任務・・・という指令が出たか出なかったか知りませんが、司令部だの通信部隊だのナントカ隊、カントカ隊・・・というふうに自衛隊員たちがチームに分かれて、盆踊りを競い合います。「炭坑節」と「春日音頭」の2つを延々繰り返すだけですが。いちおう採点もされるらしいです。結局どの部隊が優勝したかはわかりません。まぁどうでもいいです。とにかく盛り上げろ。楽しめ。これは命令だ!ってことかな。
もちろん民間人も自由に混ざって一緒に踊ってオッケー。

花火も結構盛大に打ち上げられます。この駐屯地の周りはマンションに囲まれてるんです。自宅の窓から花火が間近で見られるなんてウラヤマシイ。
テーマ:福岡 - ジャンル:地域情報
アパートで1人暮らししています。1階なので庭つきです。今まで放置してきた庭ですが、ことしからヒマワリとアサガオを育て始めました。
でもまだウチのヒマワリは咲いてません。ああ、ヒマワリが見たいよぉ!ってことで、ヒマワリ見物に出かけることにしました。めざすは佐賀県。久々の385号線東脊振トンネル超えです。

DSCN2197.jpg DSCN2198.jpg DSCN2201.jpg
南畑ダムと建設中の五ヶ山ダムのあいだ、山の斜面になにやら看板が立っています。左の写真、縦に3つ白い看板が見えるでしょうか。ズームしたのが真ん中の写真です。ここまで水に沈むよって目印です。こんなに豊かな自然が、福岡市の市民の飲み水のために水没させられてしまうんです。近くの大山神社には樹齢800年の杉の大木なんかがあります。小学校もお宮もお寺もお墓も木も畑も川も、なにもかも水に沈めてしまうんです。人間って罪なイキモノですね。
住民も強制退去させられバス路線も廃止。バス無くなったんで山登りできなくなってしまいました。私が自転車に乗り始めたきっかけは、このバス路線廃止です。廃止の最後の日にバスに乗って背振山へ上りに出かけましたよ。
佐賀橋バス停があった場所の目の前に、なにやら遺跡が発掘されたようです。この遺跡の後ろに見える山は、秋には紅葉がとてもきれいなんです。これも水に沈めてしまうんでしょうね。

DSCN2203.jpg DSCN2204.jpg DSCN2207.jpg
んで、トンネルに着きました。あとは下るだけです。ラクチンです。道の駅吉野ヶ里の急斜面をダダーッと下れば、広大な佐賀平野の平らな道をスイスイ走るだけです。

DSCN2210.jpg DSCN2213.jpg DSCN2227.jpg
佐賀県のひょうたん島公園という、聞いたことの無い場所で、警察署で道を聞いてやっと着きました。
おお!2メートル近いヒマワリが、たくさん、たくさん、た~くさん咲いてる!かわええ~

DSCN2215.jpg DSCN2235.jpg DSCN2232.jpg
観光に訪れた人たちは記念写真を撮ったり、写生してる人もいたりしました。
このヒマワリは募金すれば自由に持ち帰っていいそうなんで。ハサミは貸してくれます。新聞紙で丁寧に包んでくれました。
せっかくかわいく咲いてるヒマワリを切り取るなんて・・・と抵抗がありましたが、すでに多勢の観光客にバッサバッサ切り取られた跡がたくさんあるのを見てふっきれました。このヒマワリの花束をリュックに差し込んで、背中にしょって自転車で走る姿は滑稽だったろうね。車がみんな避けて走ってくれました。

梨狩やぶどう狩は聞いたことあるけど、ヒマワリ狩?まあおもしろいじゃないの。
この日は走行距離102キロ。ひさびさの100キロ超えでした。
テーマ:自転車 - ジャンル:車・バイク